■プロフィール

渡部ひろみ

Author:渡部ひろみ
東京都出身
ジュエリーの原型師
文京区本郷(東大前)で
店舗兼工房を開いています
お気軽にお越し下さい♪

■my HP
■ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■リンク紹介

“SPORTSTER”な日常... ちゃあり

■上野・浅草エリアの通になっちゃおう!

上野・浅草ガイドネット

■カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■グーバーウォーク

■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
水織音 昭和30年代村
先日といってももう1ヶ月半ほど前になりますが、
友人に誘われて福島県会津に建設中の「昭和30年代村」へ行ってきました

「昭和30年代村」というのはウィークリーマンション創業者である川又社長が
企画している新事業です。

そのコンセプトは
昭和30年代の日本を再現したような村を、ひとつの自治体としてつくりあげ、
お互いに助け合えるような村づくりを目指す ということだそうです

そしてこの村が実現すれば、
「土地活用問題、介護問題、住居問題、親子のきずなといった
現代社会がかかえる問題が解決できるのではないだろうか」
と川又社長は著書「死の意味と量子論」の中に書いておられます

川又社長はバブル崩壊により1000億円の借金をかかえることになったそうなのですが、
その後「昭和30年代村計画」を構想し、今 原宿村の方達とともに
少しずつその形が出来つつあります
私も微力ながら何かお手伝いができればと思っております

またこれは個人的な事ですが、会津は父のふるさとでもあり
小学生の頃は夏休みの1ヶ月近くを毎年会津で過ごしました
川遊び、にじますつり、虫取り、じゃがいもほり、やぎの世話、そして肥えまき(笑)
東京生まれ、東京育ちの私にとって、会津はふるさとなのです

そして友人からこの「昭和30年代村構想」の話を聞いた時、
これも何かの縁かもしれないと思い、今回ツアーに参加しました
また遊びに行こうと思っています


背あぶり山山頂です
穏やかな山々が心に心地良いです
背あぶり山1

私が過ごしたところは会津でももっと奥の方なのですが
どことなく景色が似ていてとても懐かしい気持ちがしました
背あぶり山2

「昭和30年代村」の予定地、水織音の里です
水織音って素敵な名前ですよね
ちなみに敷地面積は80万平方メートルだそうですが
それってどれくらいの広さなのかな。。想像がつかんです
水織音の里1

素敵な村ができるといいな~
イメージは江戸の町並みだそうです
水織音の里2

見渡すかぎりの緑に癒されます
水織音の里3

工事中だったツリーハウスはさきごろ完成したそうです
ツリーハウス



にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
物見遊山 | 22:55:48 | トラックバック(1) | コメント(4)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。